HOME>オススメ情報>不動産投資の兼業を目指すサラリーマンがはじめる前に

リスクを減らして不動産投資を成功させよう

不動産投資をしながら、サラリーマンとして働く人は増加しているどころか今や一般化しつつあります。少ないリスクで利益を得るということは、サラリーマンとして収入があっても重要なことで、投資を成功させるためには大切なこととなっています。

不動産投資の前に準備すること

目的を明確にしましょう

どうして不動産投資を行いたいか、はじめたいかを明確にすると収益額を決めることができ、不動産の種類を決めることができます。

基礎知識を身につけましょう

資金をどうやって用意すればよいのか、利益はどう出すことができるのかといった知識を身につけましょう。

将来のビジョンのイメージ

不動産投資で成功した自分の姿をイメージしてみましょう。どういった生活をしたいか、どんな車に乗りたいかなどでもいいですね。イメージすることは目的や目標に繋がります。

物件の情報収集をしましょう

一棟購入するのか、一室購入をするのか、建物の構造や物件のエリアなどの物件情報を収集しましょう。

必要書類をチェックしましょう

不動産投資をはじめるにあたって必要書類の作成や提出が大量にあります。どんな書類が必要になるか、リストアップしておきましょう。

副業として安定しているのが魅力

グラフ

世の中には色々な副業があります。しかしサラリーマンでも出来るような副業は限られてしまいます。なぜならばサラリーマンは本業でかなりの時間を採られてしまうからです。ですが不動産投資であれば副業で時間を取られる心配はあまりありません。

基本的には不労所得である

女性

不動産投資は物件を見つけて購入してしまえば、基本的にはあまり他にすることはありません。物件の管理は管理会社に任せてしまえば、オーナーの元に入居者からのクレームなどが入ることもありません。ただでさえ忙しいサラリーマンが副業で時間を取られるのは大変です。その点不動産投資は、基本的には不労所得と言われているので、時間を割かれる心配はなくなります。ただしその為にはきちんとした物件を見つけて購入し、丁寧な仕事をする管理会社を見つけることも大切です。

投資は慎重に行おう

グラフ

不動産投資は大きな金額が動きます。物件によっては数千万円から億単位の場合もあります。サラリーマンが投資を行う場合には、出来れば最初は小さく始めたほうが良いでしょう。さらに利回りや借入金、立地や人口動向なども綿密に調査をして行うようにします。不動産は立地が命です。空室が出ることだけは出来るだけ避けたいものです。自分一人で決断することなく、投資を行っている先輩の人たちの意見もたくさん取り入れて物件探しを行うようにすれば、徐々に感覚がつかめてくるかもしれません。