不動産投資の方法とは

本業があるサラリーマンなどが、本業以外に収入を得る方法のひとつ不動産投資は、情報収集からはじまり利益目標の設定からはじめていきます。戦略を練ってから物件選びに進み、物件の購入し投資を行います。

失敗しない不動産投資の方法とは

ターゲットが合っているか

大学があるエリアでは1Kや1Rといった物件が、ファミリー層が多く暮らすエリアでは2LDK以上など暮らす人と物件が合っているか、所有している物件とターゲットが合っているかが鍵となります。

家賃が減ることも想定しましょう

家賃は物件の劣化や周辺の状況によって下がることが想定されます。いつまでも同じ家賃収入を保つことができないということを投資をはじめるときに想定しておきましょう。

修繕費や税金は忘れずに

修繕費や税金は見落としがちです。安い物件を見つけても内装費や修繕費がかかってしまったり、確定申告時期にはじめて納める税金に気づくことも少なくありません。

いつまでも続かない低金利

投資用のローンは一般的には金利が高めで変動金利です。現在は日本は低金利時代ですが、いつ金利が上昇するかもしれません。低金利がいつまでも続くと思わずに、上昇することも想定して返済計画を作りましょう。

管理会社の利用も検討しましょう

所有している物件数が少ない、なるべく利益を残したいというときには管理は自分でと考えがちですが、サラリーマンで大家をする兼業の場合には、時間にゆとりをもつためにも管理会社の利用も検討しましょう。

公的年金不足で準備を始めた若者と中年族

男女

大都市圏で働くサラリーマンの殆どが今後迎える人生百年時代を考える時、現役引退後に手にする公的年金給付が現状以上に縮小されることに危惧を抱いています。国の大幅な財政赤字を考えればやむを得ないことと諦める一方で老後を公的年金に依存するだけではだめだと気づきだしています。こうして、既に現役時代から積み立てNISAやiDeCoに投資して引退後の生活設計をスタートさせている若者や中年サラリーマンが増えているようです。しかしながら、ゼロ金利に近い預貯金と方向性の定まらない株価の動きに翻弄される時代ですからNISAやiDeCoへの投資では期待通りの利回り結果を得られていないはずです。そこで、株式やFXほどハイリスク、ハイリターンでなく、一定の利回りを長期間にわたって得られると期待の高い不動産投資に着目している若者や中年族サラリーマンが少なくありません。オリンピック関連施設の建設やインバウンドの民泊用建物需要に支えられて今のところ、不動産投資には多くの人が注目しているようです。

首都圏の人気スポットに限定される投資先

女性

ところが、今後も人口減少が続くと殆どの地域で空き家住宅の増えてくることが予想されています。一方で、高齢者の増加していく社会を考えると利便性の高い地域に高齢者夫婦、或いは高齢者の一人暮らしが集まると考えられます。そこで、住まいの需要が多い地域として大都市圏、中でも、首都圏の賃貸住宅需要が底堅いと考えられるわけです。このため、不動産価格の高い首都圏で住宅ローンを借り入れて不動産投資しても年数をかけてローン返済を続けながら一定の利回りを得られる見通しが立つようです。但し、不動産投資を検討する場合、首都圏周辺域だけが狙い目になるようです。賃貸需要が継続する地域の物件を選んでもサラリーマンが現役引退後、公的年金給付で不足する生活費を補ってくれる程度の収入を安定的に得られる地域は首都圏の人気スポットだけに限定されると断言する人もいます。